うれてく

menu

和の話題と技術があふれる場所 うれてく

和の場所と技術があふれる場所。

【温泉】温泉のpH値って?

よく耳にする温泉のpH値って一体なにかご存知ですか?
「酸性・アルカリ性の強度の数値」ということは知っていても温泉の泉質にどう表れるのかを詳しくご説明します。

脱衣所などに必ず掲示されている温泉成分。温泉の分類の仕方には、「泉質」「浸透圧」「泉温」などがあり、その中の一つが「pH」による分類となっています。温泉に含まれる水素イオンの濃度(pH)が小さいほど酸性、大きいほどアルカリ性となります。

【アルカリ性】
強アルカリ性:pH10以上
アルカリ性:pH8.5以上
弱アルカリ性:pH7.5以上8.5未満
(参考)石鹸:pH7~10、重曹:pH8.5、海水:pH8~8.5

アルカリ性のお湯はトロトロ・ヌルヌルするような肌触りが特徴です。クレンジング効果で、皮脂の汚れや油分を落としてくれます。特に強アルカリ性の温泉は、油分が取られすぎて肌がカサカサになってしまうことがあるので、入浴後は真湯でしっかり洗い流し、湯上り後には化粧水などで保湿ケアを行うのが望ましいです。温泉に入るだけで肌の汚れが自然に落ちるので、体をごしごしと洗いすぎないように注意が必要です。

【中性】
中性:pH6以上7.5未満
(参考) 水道水:pH6.5、牛乳:pH7、汗:pH7~8

日本の温泉の中で最も多いのが、中性~弱アルカリ性の温泉です。肌への刺激が少なく、肌が弱い人や敏感肌の人でも安心して入浴することができます。

【酸性】
弱酸性:pH3以上6未満
酸性:pH2以上3未満
強酸性:pH2未満
(参考)胃液:pH1.2、レモン:pH2.5、炭酸飲料:pH3、皮膚:pH4.5~6.5

酸性のお湯は少しピリピリするような肌触りが特徴。殺菌効果やピーリング効果があり、肌の表面にある古い角質を柔らかくして溶かしてくれます。また、体の新陳代謝も促してくれるので、昔から慢性的な皮膚病などの治療にも使われてきました。入浴後は肌がツルツルになりますが、肌の弱い人には効きすぎる場合もあるので、入浴後に真湯でしっかり洗い流しましょう。

酸性・アルカリ性を表す“pH値”によって温泉の特徴も様々です。体質や体調によって自分に合った温泉を選んでみたり、泉質の異なる温泉を入り比べてみたり、効能によって温泉を選ぶのもまた一興でしょう。

0