うれてく

menu

和の話題と技術があふれる場所 うれてく

和の場所と技術があふれる場所。

【温泉】頭にタオルを載せるのはちゃんと意味があった!

温泉のイメージというと入浴時に頭にタオルを載せている光景を思い浮かべる方が多いと思います。
実はあのタオルにもきちんと意味があるのをご存知でしょうか。

『タオルを湯船に浸けないように』と頭に載せていた私は、大間違い!
そしてタオルは乾いていては意味がなく、濡れていないと威力を発揮しないのです。

医学的にも意味があり、タオルの温度の使い分けも重要となっています。

まず原則として、入浴中に頭に載せるタオルは「冷たい水をしみ込ませたタオルを、頭を覆うように載せる」というのが基本です。
入浴すると体が水圧を受けて血液が頭に集中しやすくなるため、入浴中は「のぼせやすい状態」になります。
そこで頭を冷やすために、冷たいタオルを頭に載せておくという訳です。

また、お風呂上がりには立ちくらみを起こしやすいです。 これは下半身が水圧から開放されて、頭側から足側へ血液が急に移動することが原因とされています。

この立ちくらみを防止するためには、冷たいタオルを頭に載せて、ゆっくりと湯船から上がりましょう。
浴槽から勢いよくザバッと立ち上がった瞬間にくらくらして倒れてしまう方は少なくありません。ご年配の方に限らず、若くても起こり得るので、十分に気をつけてください。

逆に冬の露天風呂などでは、冷たい外気と熱い湯との温度差で血圧が急上昇しやすいので、この場合は熱い湯に浸したタオルを頭に載せます。

入浴中のタオルは、基本的に冷たく濡らしたタオルを、ただし冬の露天風呂などでは温かいタオルを載せると覚えておきましょう。間違っても乾いたままもタオルでは意味がありませんので気を付けて!

0