うれてく

menu

和の話題と技術があふれる場所 うれてく

和の場所と技術があふれる場所。

【寿司】ネギトロのネギって?

軍艦や丼でも人気のネギトロ。

お店で注文したネギトロに葱(ねぎ)が入っていないことがあると思ったことはありませんか?

現在ではネギトロは、野菜のネギと一緒に食卓で食べられることが多くなり、ネギトロの『ネギ』は野菜のネギ、『トロ』は、脂身のトロ部分が合わさった略語として一般的に理解されている方がほとんどかもしれません。

しかし、この『ネギ』…、実は野菜ではないんですね!

そもそもネギトロは、お寿司屋さんなどで賄いや隠しメニューなどで提供されているのがはじまりだとされています。

お客様に出せない形のなさない骨の隙間などの赤身(中落ち等)をそぎとる【=ねぎとる・ねぎる】ことで、最後まで余すことなく食べていました。包丁の背や貝殻(近代はスプーン)などを使って【すく】ことでて【すき身】と呼ばれることもあり、またそぎ取った身は、脂がのり美味しい為、細かく【たたいて】食べられていました。

このことから一般的に現代では、【ネギトロ】・【すき身】・【鮪のタタキ】などと呼ばれているわけです。現在のネギトロは、赤身に食用油や添加物を混ぜたものがネギトロとして販売されています。本来の中落ちでは高価すぎるから供給が出来ないため、現在販売されているネギトロはもともとのネギトロとは異なるいわゆるネギトロ【風】といった方が良いのかもしれません。

0