うれてく

menu

和の話題と技術があふれる場所 うれてく

和の場所と技術があふれる場所。

【寿司】私達が食べているマグロって??

日本人には馴染みの深いマグロですが、私達が実際に食べているマグロはご存知ですか?
今回は私達が比較的よく口にするマグロをご紹介します。

クロマグロ

マグロの代表です。旬は冬、大トロがとれ、ややクセがあるがおいしく鮮やかな赤身もとれます。マグロの中でもとても大きい種類で、全長4m・重さ600kgほどになるものもいるそうです。そのおいしさと値段から「海の黒ダイヤ」とも呼ばれています。

ミナミマグロ
よく似ていますがクロマグロほど大きくはなりません。
大トロがとれ、赤身が鮮やかで濃厚な味わいですが、マグロの中でも変色が早い種類です。流通量が少ない分一般ではあまりみかけませんが、クロマグロと人気を分けるマグロです。

メバチマグロ
目が大きいことからメバチマグロという名前がついたそうです
ミナミマグロ・クロマグロと比べると脂質は少ないながらもトロもとれ、赤身が鮮やかなマグロです。関東を中心に多く流通しており、一番身近なマグロかもしれません。

キハダマグロ
黄色味がかったからだが特徴
世界でも日本でもマグロ漁獲量一位のマグロがこちらです。トロの部分はなく、あっさりとクセのない味わいで、ステーキなどにもむいています。旬は春〜夏で、ツナの材料としても使われます。

ビンナガマグロ
長い胸びれが特徴
マグロの中では一番安価なマグロです。トロはとれないのですが、脂がのったものは「ビントロ」という名前で流通されています。ツナなどによく使われる種類です。

0