うれてく

menu

和の話題と技術があふれる場所 うれてく

和の場所と技術があふれる場所。

【茶道】懐紙

茶道を嗜んでいる方にとっては当たり前で必需品ですが『懐紙』というものをご存知でしょうか。

「懐紙=かいし」とは、字の通り「ふところに入れる紙」のことを指します。

着物がまだ一般的な普段着だった頃までは、常に懐に入れて持ち歩き、様々な用途で使用していました。
現代のものとして例えるならばポケットティッシュやハンカチ、メモ用紙のようなもので、紙ではあるものの色々なことに使用できる生活になくてはならない便利品でした。

現代でも茶道具を扱っているお店やデパート、一部の文具店、100円ショップなどでも販売されています。


また、懐紙の良さは、一枚の紙が「拭く」「(お菓子やお料理などを)乗せる」「包む」「書く」というあらゆる用途に対応しているところです。
目的別に作られている他の紙との違いをおわかりいただけますでしょうか。

食事のとき付けてしまったカップの口紅を拭うときや、ちょっとしたお金を包むときのポチ袋、お茶菓子を受ける敷物など、携帯していると役に立つことがあります。

また柄や模様が入っているものだけではなく、透かしやエンボス加工など、色や種類も豊富です。

『ティッシュやメモ帳代わりに懐紙を持つ』粋な使い方をしてみませんか?

0