うれてく

menu

和の話題と技術があふれる場所 うれてく

和の場所と技術があふれる場所。

【茶道】茶道における扇子の意味とは(表千家編)

扇子と聞いて、あなたは何を思い浮かべますか?
きっと多くの方が『暑い時などに仰ぐもの』と考える方が多いと思いますが、茶道用の扇子は仰ぐということは決してしません。

茶道では主にご挨拶に使います。

実は扇子は平安時代頃から、あおぐという役割だけでなく、
儀礼や贈答、コミュニケーションの道具としても用いられていました。

そのコミュニケーションツールの例えとして、和歌を書いて贈ったり、花を載せて贈ったりしたことが、 源氏物語など、多くの文学作品や歴史書に書かれています。

また武士にとっては「刀」と同じ物と解釈されて尊ばれました。
扇子を携える場合は左の腰に差すのが決まりになっています。

茶道、能などでは、茶扇、能扇というふうに決まった形式のものを使います。
これらは大きさも、扇面に描かれる絵の種類も違い、使い方も様々です。


茶道の扇子の扱い方

茶道の扇子の扱い方として、茶室に入るときから終わる時まで、扇子は常に手に握っているか、
畳の上に置いているかのどちらかになります。

茶室に入る時や、そのあとに正客に挨拶るとき、 また道具を拝見するときなどには、ひざの前に扇子を置いて、扇子とひざの間に両手をついて挨拶や拝見をします。

この時の意味には諸説ありますが、
主人の空間に入れてもらうにあたり、相手を敬い、
扇子で相手と自分の間に境界線を引くという意味があります。

境界線を超えて、これ以上近づきませんという意味でもあるのです。


茶道の扇子ですが、表千家用と裏千家用、男性用、女性用と様々です。
表千家の扇子は、男女とも6.5寸(19.7cm)を用います。

ちなみに、裏千家用は5寸の可愛らしい扇子です。
小さくて懐中しやすいからと表千家の方でも5寸の扇子を持っている人もいます。


茶道の扇子は、仰ぐための扇子とは違うということ、種類も流派によって違うこと、
コミュニケーションツールの一つで、主人との境界を作るためなど、
茶道を習っていないとなかなか気が付かなことが多いと思います。

扇子と考えると固定概念がありますが、まったく新しいツールとして用いれると考えれば、
一気にハードルが下がるかもしれませんね。

0