うれてく

menu

和の話題と技術があふれる場所 うれてく

和の場所と技術があふれる場所。

紙の力 言葉の力

A4サイズの紙を7回折った様子

宇宙旅行をしたいかどうかと先日友達2人と話した時に、
「紙を何十回か折ると宇宙に到達する」という話題に逸れて大盛り上がりでした。 私と友達の1人はそういう情報を持っていて、もう1人は持っておらず 「でも天文学的な回数じゃなくて、え?そんなもんで宇宙到達するの?っていうレベルの回数だよ」 と説明。

すぐさま酒の席でググりました。 紙の厚さを0.09ミリとした場合、31回折ると宇宙に到達し、42回折ると月に到達するそうです。 理論上は。

そんな回数で宇宙行けるのか!だったら紙の上に乗っかって宇宙行きたい!! と夢のある楽しい会話はもう少し続き、 上に乗っかるとしたら31回折った時点である程度広くないとダメだね。1平方メートルは欲しい。 となり、 じゃあ何メートルの紙ならいいんだ? と。

ちゃんとした計算ではないですが、1辺が1000kmくらいの正方形ならいけそうな感じでした。 そして、1000kmを折るために新幹線に縛り付けるとか(東京ー鹿児島間くらいあるらしい)、 濡れると破れるから素材も考慮しないといけないとか、風の抵抗を受けるからメッシュがいいとか、 くだらないことを無い頭で結構真剣に考えました。

なんですが、紙って自力だと頑張っても8回くらいしか折れないって書いてあって いやいやもうちょっといけるんじゃない? と思って、A4の紙を試しに折ってみたら私の手では6回しか折れませんでした… 紙、すごい。

ということで、紙で宇宙に行くためには「相当数を重ねる」と言われるよりも 「31回折ればよい」という言葉の方が引きが強いですね。 言葉の魔力に取り憑かれた話でした。

0